アジングとメバリングリール選び約10年間の結果

2019年8月17日














リールはサイズも色々、値段幅もデカすぎる!どれを選ぶべき?

釣行中ずっと握っているもの・・・、

それは、ロッドとリール。

リールなんて、

糸を巻くだけのものでしょ!と思っていた。

そんなところ、パパがステラを買った。

家の中でステラをクルクル回しては、気持ちぇ~と騒いでいた。

ふ~ん・・・。

<スポンサーリンク>

 

さて本題です。














メバリング リール選び

リール選びは、重さと値段。

飛距離に影響すると言われているサイズ。

ちなみに釣り仲間がいきついたロッドとリール組み合わせは、これまた釣り具店の店員さんお勧めと違う・・・。

メバリングに、

2m程度ショートロッド

3000番前後リール+0.2号PE

を使っている。

色々試してきてこうなったらしい。

渓流のフライ釣り?みたいな見てくれ・・・。

 

リールと釣果

ジジーっと糸が出るドラグ性能がそれなりならば、釣果は変わらない認識。

(プロの方になると違うかもしれませんが、我の素人ならば感じない)

昔、相当釣り歴が長い友達に、

リールの巻きアタリがわかると言われたらしいけど・・。

<スポンサーリンク>

 

リールと飛距離

○PEラインならば飛距離はほぼ変わらない。

○フロロラインならば少し影響有り。

(これまたプロの方なら違うかもしれませんが、我々の素人目線)

 

リールサイズと飛距離でよく言われていること。

投げるとスプールから円弧状にグルグル糸が出ていくわけですが、

よく言われることとして、

円弧上に広がった糸がロッドのガイドと干渉し、それが抵抗になるのでは?

また、スプールから出るとき、スプールの淵とラインの抵抗が影響するのでは?

 

実際に確認してみたこと

実際にPEラインで投げてみると

ラインは円弧状に大きく広がらない。

実際にロッドとラインを同じにして、

1000番と3000番のリールで投げて確認してみると、

リールサイズ違いだけでは、飛距離に差は感じられなかった。

実際ラインが広がる様子もさほど変わらない。

しかし、

フロロラインで投げてみると、

スプールから糸が出た途端、大きな円弧になって、

ロッドガイドに当たっているのがわかる。

実際に投げてみて気持ち3000番のリールのほうが多少飛距離が落ちたとのこと。 

<スポンサーリンク>

 

リールの重さ

ロッドとのバランスが良く言われますが、

確かにリールの重さ違いで竿を降っていると、

重心位置が違っているためか、私でも投げやすさ操作のしやすさは変わる。

ただ、拘るかどうかとのこと。

釣果に直結するかというと・・・。

恐らく、道具としての使いやすさといった位置づけとのこと。

 

リールの値段

値段が高いものは概してスムーズ。

このスムーズ差をストレスと感じるか否か、

また気持ちい良いと感じるか。

もしくは、”所有する喜び?”みないな感情論か。

パパは、単に自己満足と言い切っている。

なので、ステラ2018を間違いなく買うのでしょう・・・。

<ルールを守って、安全に釣りをしたいですね>

※釣り場はマナーを守って、将来もずっと楽しく釣りをしたいですね。

※近隣の方々の迷惑になる騒音、駐車、ごみ放置は避けたいですね。

※知らないでは済まされない規則があります、注意したいですね。

※安全具は必ず装着して、無事に家に帰りましょう!

<スポンサーリンク>














<ブログメインカテゴリー>