【本当!?広島の波止 胴体30cmのスルメイカが釣れる話】

2019年9月7日

秋に波止から巨大スルメイカが釣れる!?














釣り方は?

普通の大き目なスッテ+ササミ、キビナゴで釣れるそうです。

春~初夏にスルメイカを狙う釣り方と全く変わらず。

但し、棚は底限定。

アクションは極力避け、

極スローで糸を巻いていくそうです。

釣り竿は、硬めのエギ竿必須。

 

場所/ポイントは?

未だ詳細に明かすことはできません。

(その方の許しがでれば・・・)

但し!実際に釣れたら記事にUPします!

場所は広島湾、呉、江田島、倉橋のどこかの波止です。

どうも、ここのスルメイカは外遊しないらしい。

有名な波止で、名前を聞けば知っている方がほとんど。

その波止の中でも、限定的な場所ではなく、

波止全体で釣れるそうです。

ただ、数釣りは難しいとのこと。

 














釣れると・・・

まず、釣り人は根がかりしたと思うそうです

根がかりを外そうと何度か引っ張っていると、

いきなり物凄いトルクで引っ張りはじめるとか

手首を痛めてしまうこともあり、

要注意だそうです。

そして、

水の噴射量とスミの吐く量が桁違い・・・。

 

時期、シーズン

実は広島県でスルメイカといえば春~初夏

かと思いますが、

実はその後があります。

スルメイカを狙っていた釣り人が、

シーズンオフと思い、

スルメイカを釣らなくなった後!

そのため、知られていないだけだそうです

エギでは釣れないため、

他のイカ狙いの方に掛からない・・・。

 

本当の話なの?

その方の話を聞きながら、

馬鹿でかいスルメイカの写真を

見せていただいたそうです。

パパ自身、未だ巨大スルメイカを釣ったわけでもなく、

釣りあげているところを見たわけではありません。

今年チャレンジしてみます!

 

<ルールを守って、安全に釣りをしたいですね>

※釣り場はマナーを守って、将来もずっと楽しく釣りをしたいですね。

※近隣の方々の迷惑になる騒音、駐車、ごみ放置は避けたいですね。

※知らないでは済まされない規則があります、注意したいですね。

※安全具は必ず装着して、無事に家に帰りましょう!