スポンサーリンク

【周防大島】釣れるメバルポイントおススメ釣場と季節や釣果サイズも紹介

2019年8月18日

 

周防大島でのメバリング爆釣ポイントとコンスタントに釣れるポイント紹介

情報の出所とお願い(※悩みの尽きないママさんから引き継ぎ更新しています)

<スポンサーリンク>

 

戸田の波止(爆発力がすごい)

ここは小さな波止なのですが、足場もよく釣りやすい場所です。

また、潮位が低いと隣の岩場に降りて、岸に沿って釣り歩くことができます。

特にライズが起こる時期のメバルの爆発力といえば、20~25cmが一投一匹レベルで釣れます。

その時釣れるのはほぼプラグのみ。

10匹くらい釣ると腕が疲れてくるんですが・・・。

メバルがライズするときの音が大きくて、広島/呉/音戸/江田島では聞くことができない音。

ピチャピチャではなく、ボコッボコッという音が聞こえます。

波止

メインは波止からになります。手前は浅いですが、遠投すると水深があります。

手前は藻や捨て石があり根がかりに注意です。

ライズがあるときはプラグ、ライズがないときは2g程度のジグヘッド。

岩場+小石場


岩場、小石場になり、潮位が引くとき限定です。

10m先くらいを表層を狙うと釣れます。

※釣りに夢中になって帰ってこれなくなることに気を付けてください・・・。

<スポンサーリンク>

 

日見崎の波止 爆発力がすごい

コンスタントに釣れるというよりは、爆発力の傾向が強いポイント

ここは小さな波止なのですが、足場もよく釣りやすい場所です。

ここは戸田の波止よりもメバルが浮いてきたときの爆発力があります。

狙いたいサイズは20~25cmの連発。

ここでも爆発的に釣れるときはほぼプラグのみ。

クリア系のプラグを積極的に動かす方が釣れやすいちょっと珍しいポイントです。

波止


波止の先端は、手前に高さと厚さのある藻が茂っています。

潮位が低いときは、メバルを引いてくるルートをよく考えないと、

藻に引っかかって・・・ということになります。

<スポンサーリンク>

 

油宇の波止 コンスタントに釣れる

周防大島メバリングのランガンのなかでコースに入れたい波止。

油宇は釣り場は広く色々なところで釣ることができますが、おすすめは下の場所で、

ただ、テトラからの釣りになりますので、十分な装備と注意が必要な場所です。

テトラ帯だけに、他の釣り場に比べて釣り人も少なめなため、ある意味釣りやすい場所。

狙いのサイズ

基本20~25cmが狙いのサイズとなります。

爆発力はそんなにありませんが、良いサイズがコンスタントに釣れるいい場所

<スポンサーリンク>

 

日向泊の波止 コンスタントに釣れる

周防大島メバリングに行けば、毎回チェックしたい波止

日向泊でのおすすめは下の2つの場所です。

ここではハマチ、カレイ、チヌ等色々釣っている方々がおられます。

波止のテトラ帯


外向きテトラからの釣りになりますので、十分な装備と注意が必要な場所です。

基本20~25cmが狙いのサイズとなります。遠投深場を狙うと大物が釣れます。

岩場周辺

波止の南側にある岩場もかなり釣果が期待できます。

ただ、青物、カレイ狙いの方々が多く、人気の釣り場になります。

その釣っている方の周辺を、邪魔にならないように探る格好になります。

ここでも20~25cmが狙えます。

<スポンサーリンク>


※お願い
このサイト情報がきっかけで釣りに行かれた方は、是非釣り場に落ちているゴミを1つでもお持ち帰り頂ければ幸いです。

※知らないでは済まされない規則があります、注意したいですね。最新の釣り場のルールを確認して釣りを楽しみましょう。

※近隣の方々の迷惑になる騒音、駐車、ごみ放置は避けたいですね。

※安全具は必ず装着して、無事に家に帰りましょう!